ネットを上手に使いこなそう

ネットバンクやネット通販、オークションサイトなど。
自分が実際に利用したものの中から、お勧めできるものを紹介します。

2009年07月21日

エコポイント申請

32C8000を購入し、1週間が経過。
巷で話題のエコポイントを申請してみようと思い、
エコポイント申請サイトを見てみた。

分かりやすそうでかなり分かりにくい。。。

電気店でご年配の方々がエコポイントについて
店員に尋ねているのを度々見かけたが、
大概、回答になってないような説明だけしている。

自分も配送の手続きをした際に、
店員に聞いてみたがよくわからない説明だった。
ちなみに、説明はこんな感じ。
・レシートが必要になるので、保管用としてコピーしてください。
・保証書を申請用にコピーしてください。
・当店の保証明細もコピーしてください。
要するに、色々とコピーしておけということだったのだが、
実際その後どのようにするかについては説明はしてもらえなかった。

エコポイントサイトをよく読んだら、必要な理由が分かったのだが、
インターネットが使えない方々はどうするんだろうか。
エコポイント額を下げてもいいから、電気店が代行する仕組みに
ハナからするべきだったんじゃないかなと思った。

さてそんなことは今回おいといて、
インターネットから申請してみたので、その感想を。

http://eco-points.jp/EP/apply/howto.html
こちらのサイトから申請が行えるんだけど、
事前準備が必要
・領収書原本
(レシートにエコポイント対象品が2つ以上含まれる場合は、コピーも必要)
・保証書のコピー
・領収書のコピー(自分で保管用)
・プリンター(5枚×申請数)
・メールアドレス
・封筒
を用意しておく。

ステップ1.申請者情報、購入商品の入力
 自分の情報を書きましょう。普通に入力するだけ。
 メールアドレスはここで必要になる。

ステップ2.交換商品の入力
 ここが落とし穴。
 早く品物が欲しい人は、そのまま交換商品を入力すればよいが、
 大体交換するために、手数料が差っ引かれる。
 従って、複数のエコポイント対象商品を購入した場合、
 端数を余らせてしまう可能性があり、
 効率の悪い交換となってしまう。
 そんなわけで、敢えて何も交換せず、そのまま確定させる。
 そうすると、発生エコポイント=残エコポイントとなる。

ステップ3.内容確認・印刷
 ここでプリンターが必要となる。
 インターネット経由で申請ができるのかなと思っていたら、
 申請用紙が印刷できるだけだったりする。
 super visual formadeだか、使っているんだろうけど、
 はっきり言って無駄な開発だなと。

ステップ4.必要書類の添付・エコポイント事務局へ郵送
 結局必要書類(コピーやら)を印刷した申請書に貼り付けて
 郵送しなければならない。

7月下旬には保有エコポイントがわかるサイトが出来るようなので
申請したエコポイントが蓄積されているか確認してみよう。


posted by しろうと at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

r