ネットを上手に使いこなそう

ネットバンクやネット通販、オークションサイトなど。
自分が実際に利用したものの中から、お勧めできるものを紹介します。

2012年01月22日

RECBOXのバックアップとディスク換装@

RECBOXを買ってみた。
省電力でDTCP-IPを運用するには欠かせない機器でかなり良さそうな印象。
HDDは換装するつもりなので、容量が小さいHVL-AV1.0をポチった。
rb001.jpg

この機器はRAID構成ではないし、万が一HDDが故障したら自分で復旧させたいので、早速バックアップを取ることに。

ネットで少し調べたら、みなさん半日とか時間をかけてバックアップなさってる。
確かに「フル」バックアップするにはそうやらないとダメだと思うけれど、買ったばかりなのでそんな方法を使わずに「システム」領域をバックアップできるはず。

機器の分解、システムバックアップ、HDDの換装まで1時間かけずに行える方法があったので書きます。
念のため機器の分解をするとメーカーの保証が全く受けられなくなるので、当然ですが全て自己責任で行いましょう。

事前に準備するもの
・Ubuntu CD かUbuntu USB(自分はUbuntu USB)
・Clonezilla Live CD
・PC本体(HDD付きのもので、空ディスク領域1GB〜2GBあれば十分)
・換装用HDD(システムバックアップを取るだけなら不要)

簡単なところは写真撮ってません。ネットで調べると沢山情報があると思うのでそちらを参考にしてください。

手順1:HVL-AV本体からHDDの取り出し
HVL-AV本体底面のミリネジを3ヵ所外す。
ケース蓋は背面(ファンが付いている方)からゆっくり持ち上げはずす。
HDDが固定されている鉄板を本体から外す。ワッシャー付きネジ3ヵ所。
鉄板とHDDを外す。こちらはインチネジ4ヶ所。
ちなみに、搭載されていたHDDはWD10EARXだった。
後継?のWD30EZRXなら相性が良いかも。
Western Digital Caviar Green 3.5inch Intelipower 3.0TB 64MB SATA6.0Gbps WD30EZRX

rbd001.jpg
取り出したHDDをPCに接続する。
自分はノートPCとUSB-HDDケースで作業をしたので、デスクトップにSATAケーブルで接続すると凄まじく速く作業が終わるかも。

続く
タグ:recbox
posted by しろうと at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

r