ネットを上手に使いこなそう

ネットバンクやネット通販、オークションサイトなど。
自分が実際に利用したものの中から、お勧めできるものを紹介します。

2012年01月22日

RECBOXのバックアップとディスク換装A

RECBOX システムバックアップ編

手順2:RECBOXのシステムバックアップを取る。
RECBOXのシステムバックアップ取得方法の説明をするというよりも、Clonezillaの説明になりそう。

Clonezilla Live CD でPCを起動。
rb002.jpg

言語を選ぶ(手順では日本語)
rb003.jpg

キーマップはいじらない
rb004.jpg

start 〜を開始します
rb005.jpg

ディスク/パーティション<=>イメージ
rb006.jpg

ローカルディスク
rb007.jpg

ここ重要!!!
PCに元から入っているHDDを選択する。
手順では、SSDを搭載しているノートPCなので、IntelSSD〜となってるところを選択している。
また、容量が1GB以上空いてるパーティションを選択する。
何気に、sdb1、sdb2、sdb5、sdb6としてRECBOXのHDDも見えている。
sdb3、sdb4が無いのは、ソフトウェアRAIDを組んでるからか。。。
rb008.jpg

何もせず「/」ルートのままでOK
rb009.jpg

何も選択せず、初心者モードでOK
rb010.jpg

ローカルディスクをイメージに保存
rb011.jpg

イメージの保存名を入力。
手順では、recboxと入力した。
rb012.jpg

コピー元のローカルディスクとして、RECBOXに載っていたHDDが出現
rb013.jpg

元ファイルシステムのチェックをしない
rb014.jpg

保存イメージはチェックする
rb015.jpg

この後、画面に従って作業が始まる。
HDDの情報がバックアップされたあと、パーティション情報がコピーされていく。

ここ重要!!!
sdb1、sdb2、sdb5、sdb6と順番にバックアップされていく。
画面を見て、sdb6の順番がやってきてバックアップが開始され、数十秒経ったとこおで「ctrl + C」を押す。abortして終了となる。
要するに、sdb6のバックアップをキャンセルしたことになる。

これでイメージのバックアップが完了。
大体500MBのバックアップファイルのイメージデータが出来上がる。

リストア編に続く
ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】


posted by しろうと at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

r